不動産投資

 

税や減額年金の対策としても効果的な収益用の不動産をご紹介致します。

手持ち資金は0円から、物件価格は1000万円前後から始めて頂けます。

 

★マンション経営とは

マンション経営とは、投資を目的にしてマンションを購入し、そのマンションを他人に貸して家賃収入を得ることです。住宅ローンでマンションを購入しても、月々の返済は家賃収入でまかなえます。

ーンを完済した後は、マンションが「自分の資産」として残り、家賃収入を長期継続して得ることができるのです。

 

★所得税・住民税を減額できます

建物の減価償却費・固定資産税・借入金利息などは、確定申告の際に必要経費として認められます。必要経費が家賃収入より多い(赤字である)場合は、所得税・住民税が減額されます。年収の多い人ほど、高い節税効果があります。

 

★老後にそなえる

『高齢社会白書』によると、高齢無職世帯の平均な実支出は月23万円。それなのに実収入は、わずか月18万円。つまり毎月5万円の赤字になってしまいます。赤字分は、貯蓄の取り崩しなどによって補填しなくてはなりません。しかも、ゆとりある老後をすごすためには月39万円の生活費が必要といわれているので、公的年金にたよるだけでは不足です。

収入をプラスする方法を自分で確保する必要があります。多くの方が「私的年金」としてマンション経営を始める理由がここにあります。毎月安定した家賃収入を得ることによって、充実した老後を実現することができます。

 

★生命保険の見直し

マンション経営を始めると、毎月の生命保険料を減らせます。住宅ローンでマンションを購入すると、団体信用生命保険が付いてきます。団体信用生命保険によって、自分に万一のことがあったときにはローンの完済が行われ、家族に毎月の家賃収入を残すことができます。家賃収入の分だけ、残された家族の生命保険必要保障額を下げられるというわけです。

例えば、今まで月3万円も支払ってきた保険料を月1万円にして、減額できた2万円をマンションのローンにまわすことができます。この機会に、団体信用生命保険をメインにして現在の生命保険を見直してみませんか?